来待石を沓脱石に加工します
 来待石は、凝灰質砂岩なので、足に優しいのが特徴です。

 大きさや形を描いて送っていただければ、お見積もりいたします。

 大きいサイズをご希望の場合は、先ず、取り扱いのできる業者の方にご相談をしてください。十分な計画を立てていただいてからの発送としたいと思います。

画像は、3D作成イメージです。

大まかな重量の出し方

 来待石は、1尺(約30.3cm)角で一才と言い、1才を60kgで計算します。

 たてX よこX高さX60で、センチの場合は、たてXよこX高さ÷27.800X60と、なります。

単位

  尺    1寸 0.1  1尺  1  1丈 10
 センチ  1cm 1  10cm 10  1m 100


 尺 
 3尺2寸X1尺3寸X8寸は、3.2X1.3X0.8で、約3.3才
3.3才X60kg=198kg

センチ
 25cmX40cmX1mは、25X40X100÷27.800で、約3.59才  3.59才X60kg=215kg

 これは、角材での重量なので、削り落とす部分の割合を出さなければなりません。三角スケールがあると便利ですが、普通の定規でも出来ます。その場合、1cmの目盛りを、10cmとします。つまり、たて最大100cmXよこ最大40cmの物を図にするには、たて10cmXよこ4cmの四角形を作ります。その四角形の中に、ご希望の形(上から見た図)を描いて下さい。おおよその割合が、見えてきます。

 こちらの図の描き方も参考にしてください。

石工のホームページtopへ